経済・政治・国際

メーデー

 4月29日に初めてメーデーに参加してきました。職場が川崎市にあるので、場所は川崎地区大会の会場である川崎球場です。勤めている会社の”春祭り”が4月3日に催され、模擬店のポップコーンの製造・販売スタッフとして参加したところ、そこで知り合った方から誘われたのが、参加のキッカケでした。

 9時半頃、会場に到着し受付を済ませると、ビールやソフトドリンク、おつまみのお菓子が貰えました。あと記念品と書かれている封筒を貰ったのですが。その中身は…、なんと現金でした。「わたしゃメーデーに動員された日雇い労働者か!?」などと思いつつビニールシートに腰を下ろしました。私を誘ってくれた方と一緒にビールを飲んだり、つまみのお菓子をたべたりして、しばらくノンビリしていました。おいおい朝っぱらからビールかよって感じですよね(笑)。

 その後、その誘ってくれた方のお友達という方が表れました。その方は、「インフラなんか全部捨てちまえー、これからは日の出ともに起き、夕暮れとともに寝るのだー。」と熱く語ってくれました。農業による自給自足の暮らしですね。一次産業のみの社会というのもいいかなとは思いますが、はたして農業だけで国民が食っていけるのか!? 一次産業だけだとトラクターなどの農業機械も使えないわけですよね~。う~ん、大変だ~。でも朝パソコンの電源を入れることで始まり、電源を切ることで一日が終わる生活というのもいい加減うんざりですね~。このところ焼きたてパンのカフェとかやってみたいな~なんて思ったりして。一心不乱にひたすらパン生地をこねるというのもいいかも(笑)。もしくはそば屋とか。

 肝心のメーデーは、消防音楽隊の演奏、式典、チアリーディング、戦隊ヒーローのショー、お楽しみ抽選会といったイベントが行われ、ちょっとしたお祭りみたいでした。ビニールシートでのんびりしている人たちの多くは、ピクニック気分の家族連れでした。これでいいのか!?。これでいいのだ!!(バカボン風)。たぶん…coldsweats01

 しかし、スローガンとメーデーの宣言はもっともらしいものになっています。例えば、スローガンの一部を紹介すると、

  すべての働く者の連帯で、「平和・人権・労働・環境・共生」に取り組み、
  労働を中心とする福祉型社会と自由で平和な世界をつくろう

とあります。でもどうやって? 労働を中心とする福祉型社会ってなんだろう? なんか自由な世界と矛盾してないか~? 福祉は重要だとは思いますが、みんなで福祉関連の仕事をするのかな? なんだかよく分かりません。さらによく分からないのが、プラグラムに印刷されているのが、スローガン(案)、メーデー宣言(案)…。なぜ案なのか。メーデー当日に配布されたものなのだから案ではなく、決定されたもののはずではないか!!!
なぜ?、なぜ?、なぜ?、なぜ?、なぜ?(トヨタのカイゼン、疑問に思ったら「なぜ」を五回繰り返す)。なぜだ~~~~~~~!!!!!(フッ、坊やだからさ[by シャア])なんだか文章まで訳が分からないものになってきましたwobbly

 でもワークライフバランスの推進には大賛成で~すwink

 メーデーには最後まで参加せずに、誘ってくれた方と一緒に途中で抜け出して、川崎駅周辺をブラブラしました。映画を見ようかと映画館に行きましたが大変混雑していたのであきらめて、そのまま成り行きでミューザ川崎に行きました。そこで東京交響楽団による名曲全集というコンサートが行われるということでチケットを購入してみました。座席はステージの裏側に空きがあったので、そこにしようということになりました。ステージの裏に座席があるホールなんて初めて見ました。

 名曲全集とあるので有名な曲ばかりなのかと思ったら、日本人作曲家の名曲集ということで、全然知らない曲ばかりでした。クラッシックに詳しい人にとっては有名かもしれませんが…。指揮者は小松長生さん、フルートは新村理々愛さん、和太鼓に林英哲さん…、え、和太鼓?coldsweats02 なんと最後の曲は和太鼓協奏曲で和太鼓とオーケストラのコラボでした。この曲のときは、オーケストラの人のなかにも拍子木や和風のパーカッションを担当している人がいるし、バイオリンの弾き方もダイナミックでとてもクラッシックのコンサートとは思えませんでした。これは、どーみても「祭」です。でも楽しかったですwink

 コンサートのあとは近くのレストランでコーヒーを飲みながら、誘ってくれた方(定年間近の方です)の苦労話などを延々と聞きましたcatface

 こんな感じで私のメーデー初参加の一日が終わりました。う~ん、来年以降はもう行かなくていいな、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャバクラ

 先日、会社の飲み会の後、後輩にキャバクラに誘われついて行きました。キャバクラは新人のときに歓迎会で連れていかれて以来、10年ぶり2度目です。私は終電のため1時間ほどで帰りましたが、後輩3人は朝まで飲んだそうです。代金はとりあえず後輩の一人がカードで払って立て替えといてくれましたが、計10万円以上かかったそうな。昔、先輩に連れて行かれた時は、新人なので奢ってもらったのでいくらかかったかは知りませんでした。やっぱり高いんですね~。まあ、嬢の人件費を考えるとそんなものかなという気もしますが、そんな大金を払って頻繁に行く人の気がしれません。┐(´д`)┌

 ところで、私の家と最寄り駅の間にチャイニーズパブなるものがあります。別に繁華街ではないのですが、ポツンと1件お店があります。会社から帰宅するとき、いつも店の前をとおるのですが、その店の電光掲示板が

 「若い」

 「かわいい」

 「明るい」

 「やさしい」

 「4拍子揃った」

 「女の子が」

 「あなたのハートを」

 「getしちゃうぞ♡」

と表示されるのを見ていると、「なにー!、やれるものならやってみろー!!!」と心の中で呟いて、勝手に対抗意識を燃やしてしまします。しかし、生来の小心者なので、実際には毎晩大人しく店の前を素通りしています。

 その電光掲示板には、2時間飲み放題、食べ放題、歌い放題で5000円と出ていますが、これでは居酒屋並ですね。なんだかんだで、いろいろ上乗せされるのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)